資金計画のアドバイス

資金計画・プランニングの重要性

マイホームは建てて住む事がゴールではありません。
建物そのものは、その先の永い未来が健康で豊かな生活となるための“器”でしかないからです。
マイホーム建築の目的は表面的にはそれぞれ違いますが、潜在的には家族が安心して安全に楽しく暮らせる場所を造りたいと考えた結果だと思います。
であれば、住宅建築後のライフプランニング(資金繰り)も住宅の間取りや仕様を考えるのと同じくらい大事なはずです。
しかし、多くの方が住宅を建築する事を目標とし、それを叶えるための資金繰りのみに注力します。 ローンの返済に追われ、お子様の教育資金やご自身の老後資金はもとより、旅行や季節毎のイベントなどの家族の思い出作りに必要な費用を犠牲にしてしまうような家づくりは本当に幸せな家づくりと言えるのでしょうか?
“借りれる金額”と“返せる金額”は違います。それぞれの状況により、注文住宅の新築だけでなく、建売住宅の購入や現住居若しくはご実家のリフォーム、親御さんとの2世帯住宅などの選択肢の方が適切な場合もあります。
弊社ではお客様の状況に応じた資金計画・ライフプランニングを作成し、『ホーメックスに相談してよかった』と感じて頂ける家づくりのトータルプロデュースを致します。

返金計画の立案・アドバイス

「人生で高額な買い物は?」と問われたら何と答えるでしょうか?
家?車?生命保険なんてお答えもあるかもしれません。では、その中で一番高い買い物は何ですか?
と質問されたら大多数の方が「家」と答えると思います。
家づくりを検討している方でもほとんどの方は、人生で一番高い買い物は「家」だと思っています。
しかし、実際に一番高い買い物は「家」ではないのです。
では人生で一番高い買い物は何なのでしょうか?
答えは、「住宅ローン」です。 住宅ローンは“金融商品”なのです。
2,000万円の家を2,000万円の支払いで買える人は現金で購入される方だけです。
殆どの方が住宅ローンを組みます。
ローンには利息がかかるため、組み方によっては2,000万円の家が3,000万円の支払いになる方、場合によってはそれ以上になってしまう方が存在します。
家は財産として残ります。 しかし、ローンの利息は消費してしまえば無くなってしまいます。
「人生で一番高い買い物は“家”ではなく“住宅ローン”である。」
この事は、家づくりには欠かせない知識です。
どの住宅ローンが一番“得”か。これは住宅ローンを完済した時にしか答えは出ません。
しかし、住宅ローンの商品性やリスクの低減方法を知る事で安全に返済する事は可能です。
弊社ではお客様それぞれが適切な住宅ローンを選定できるようアドバイスをさせて頂いています。是非お気軽にご相談下さい。

土地購入~引き渡しまでの諸費用

基本的にかかる費用

  1. 土地代金
  2. 建物代金

別途で必要な土地関係費用

  1. 土地契約時印紙代
  2. 土地所有権移転登記料
  3. 名義人住所変更登記(建物建築後転居時)
  4. 固定資産税清算金
  5. 土地不動産取得税
合計 約25万円程度

別途で必要な建物関係費用

  1. 建物契約時印紙代
  2. 建物表示登記
  3. 建物保存登記料
  4. 水道加入金
  5. 不動産取得税
合計 約30万円程度

融資関係費用

2,000万円借入 35年返済 変動金利:約1%の場合

  1. ローン契約時印紙代
  2. 融資事務手数料
  3. 保証料
  4. つなぎ融資金利
  5. つなぎ融資印紙代
  6. 抵当権登記費用
合計 約75万円程度

火災保険料

火災保険料は、お客様のご希望される建物によって金額が変わります。
当社は火災保険の代理店ですのでお気軽にご相談ください。

その他

  • その他
  • 地鎮祭を行う場合・・・・・2.5万円程度
  • 上棟式を行う場合・・・・・10万~15万円程度