家づくりの流れ

出会い

出会いのキッカケは様々です。
資料請求や見学会・イベントに参加していただいたお客様、OBのお客様のご紹介。
入口は違っても、共通しているのは、みなさん夢をもって、それを形にしたい!と強く思ってらっしゃることです。
さあ、あなたの夢を語ってください。

ご相談シート
モデルハウスを見る

 

資金計画

資金計画も大事なことです。 多くの方は住宅ローンを組んで、家づくりを計画します。 一体いくら借りられて、いくらなら返せるのか?無理のない資金計画をご提案いたします。

資金計画のアドバイス

 

土地のご相談

土地探しから始められるお客様には、まず最初に失敗しない土地探しのコツをお教えします。
その後、ご希望に沿った土地をご紹介し、一緒に悩みながらご家族にピッタリな土地を見つけていきます。

不動産情報
ご相談シート

 

敷地調査・ご要望聞取り・ゾーニング・概算見積もり

土地が決まれば、敷地調査を行います。
法的な規制から、敷地高低差のチェック、電気・上下水道・ガスの配管や道路及び隣地状況の確認をします。
周辺環境も重要なチェック事項です。
こんな風に生活したい!こんな夢を実現したい!!など、お客様の想いをまずは全てお話し下さい。
そして、お話し頂いた中から優先順位をつけて、またプロとしてのアドバイスを加えながら妥協のないプランニングを行います。

施工事例

 

住宅ローン事前審査

現金でお支払いの場合は必要ありませんが、住宅ローンをご利用の場合は、土地の選定や建築の規模がある程度決まった段階で住宅ローンの審査を行います。
資金的な不安があるのは皆さん一緒です。ここでおおまかな資金繰りを確定させて不安を取り除きましょう!

 

本設計・仕様打ち合わせ・最終お見積もり

予算や構造・法律などの事項を勘案しながら夢を形にしていきます。
世界にひとつの、あなたたちだけのこだわりのマイホームです。とことん打ち合わせをしましょう!
諦めるところ、譲れないところなどを明確にする段階でもあります。材質・色柄をお選びいただく仕様打ち合わせも行います。プラン・仕様が決まれば正式なお見積書の提出です。
建物本体価格、別途工事費用、諸経費など、家づくりに関わる全ての費用を算出し、お引渡し価格をご提示させて頂きます。

 

ご契約

プランも見積もりもOK。信頼に値すると感じて頂ければついに工事請負契約を結ぶことになります。
ここから建物の施工図面作成や材料の手配・職人の手配などマイホーム建築の具体的な作業に入ります。
お打ち合わせ段階で決めた仕様内容に基づき、色や柄を最終的に確認させて頂きます。
土地の売買契約も同日かこの前後に行うことが多いです。

 

住宅ローン申し込み

土地や建物の契約内容を基に住宅ローンの申し込みや決済の手続きを行います。
住宅ローンの商品や決済方法は借入れ銀行によって異なりますので、迷わないようにご案内させて頂きます。

 

地鎮祭

土地の決済も済み、晴れてご自身の所有地となった敷地で地鎮祭を行います。
地鎮祭は工事の無事や安全と家族の繁栄を祈る儀式です。信仰の有無や宗教の種類を問わず殆どの場合実施されます。

 

着工

いよいよ家を建て始めます!
“建築確認申請”という建築図面の行政確認を得たのち、まずは地盤調査に基づいた地盤補強工事が行われ、その上に住宅の基礎が作られます。
この工程から、自社検査は当然として厳しい第三者検査が入り、品質の確保と信頼性の向上を担保します。

 

上棟

屋根がかかります。HOMEXパネル工法ではこの段階で住宅を支えるのに必要な壁面も完成します。
上棟式を行う場合はこのタイミングで行います。

※ワンポイント
地鎮祭や上棟式はするべきか?
おそらく、地鎮祭や上棟式を行うべきかお悩みになる方も多いことでしょう。
ちなみに弊社では、地鎮祭のみ行う・・50% 地鎮祭と上棟式の両方を行う・・40% 両方行わない・・10%位の割合です。
式典を「しなくてはならない」と思う必要はありません。ただ、どうしたらいいのか迷うのならやるべきです。
地鎮祭や上棟式を行わなかったからといって工事中に事故があったり、お施主様に不幸や災難があったことはいままで弊社ではありません。
また、大工さんやその他の職人さんが手を抜くようなコトもありません。
ただ、式典をやることで、自分の家を作ってくれる大工さんが集まってくれます。そして、その大工さんの人柄を知ることができます。
そうなると、お施主様自身の家に対する愛着度合いがより一層高まる事と思います。
また、大工さんも、式典でお施主様と顔を合わせていれば、お施主様の顔を思い浮かべながら仕事をできます。
出来上がりに差が出るわけではありませんが、どうせなら職人さんの想いがより多く入った家に暮らしたくないですか?
ということで、職人さんとの出会いの場を設けてくれる「式典」を行うというのは悪くないと思います。

 

完成・お引き引渡し

規模にもよりますが、着工から約4ヵ月でついに夢のマイホームの完成です!
建物が契約通りにできているかどうかを確認し、引渡し手続きを行います。
設備機器の使用説明や新築住宅でより快適に暮らすコツなどをお話しさせて頂いたのち、カギを受け取り、新たな生活のスタートです!!

 

登記・住宅ローンの融資実行

建物が完成したら、その建物はどこにどんな形でできたのか、そしてそれは誰の物なのかを明示する登記を行います。それによって所謂〔権利書〕ができます。
また、住宅ローンの融資が実行され、代金の支払い完了とともに月々の返済が始まります。

 

アフターサービス・リフォーム

弊社とお客様のおつきあいは、お引渡しまでの期間よりお引渡し後の期間の方が何倍も長くなります。
特に地域密着で営業をさせて頂いている弊社は建て逃げのような事は絶対にできません。
ですから、お客様から大きな期待とお金を頂戴して建築させて頂いた家そのものの品質保証はもちろん、住まいだしてからのメンテナンスも重要だと考えています。
車でも車検や定期検査でコストをかけて性能を維持するのと同じで、厳しい自然環境に耐え、住まう人を守らなければいけない住宅も、適切な時期に必要なメンテナンスを行わなければ本来の性能を維持する事はできません。
弊社では専任のスタッフがお引渡し後1年・2年・5年・10年のタイミングで適切なチェックや補修を行い、お客様の大切な住宅を末永くお守りします。
もちろん、世帯構成の変化や使用用途の変更、老朽設備の入れ替えなどに対応した修繕・リフォーム・増改築工事を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

アフターサービス