長岡市 モデルハウス施工事例(NEO)

長岡市 モデルハウス施工事例(NEO)

非常時に2週間分の電気・水を自給できる家。

災害から家族を守る家にするには、建物が丈夫なだけではいけません。災害時に、きれいな水と電気を確保する家でなければなりません。避難所に行かなくても安心・安全に過ごせるシェルター発想の家。そして、復興のための費用がかからない家(補修費のかからない家)でなければなりません。新潟県中越地域で2度にわたる震災体験から生まれた新防災環境住宅NEOは、震度7の地震でも構造躯体に損傷を起こさず、繰り返しの余震でも地震エネルギーを吸収する制震パネル工法で施工。ライフラインが停止しても、雨水や太陽光を利用して2週間分の水や電気を自給でき、普段は光熱費や水道代も大幅に削減できる家計にも環境にもやさしい超エコ住宅です。