スタッフブログblog

設計士、家を建てる その㉘

こんにちは設計の鈴木です

 

前回はトイレ周りの話をしました。

今回は、オープンハウス前に床の塗装をした話をします。

 

わが家の床は、予算を落とすために自分で塗装することにしました。

大変ではあるんですが、自分でやることを覚えれば

次やる時も楽なので、手間ですけどやります。

 

床は無垢の床なので、ワックスとかは掛けません。

無垢の質感をそのまま活かしたいので、天然油を塗ることにしました。

用意したのはコチラ

写真 2016-01-22 13 40 56

米ヌカを原料にしたキヌカという天然油の保護塗料です。

昔、物の無い時代、住宅は無垢が基本で

床板や柱は、米ぬかを布で包んだもので磨いていました。

それを簡略化したものです。

 

あらかじめ、床は掃除機をかけて

細かい汚れを水拭きと、薬剤で落として

綺麗にしておきました。

 

写真 2016-01-21 20 52 30

そこに、このキヌカを少し垂らして、タオルで磨きます。

油は膜を作るのではなく、木材に浸透して保護します。

2階を磨き上げるのに大体2時間位かかりました。

この作業は今後、年に1、2回定期的にやることで美観を保ちます。

 

写真 2016-01-27 20 18 31

1階も磨きました。

磨き終わると、少し艶が出て綺麗です。

 

この油は更に別のものにも塗りました。

それは 玄関のタイルと、モルタルの土間です。

写真 2016-01-22 15 39 07

玄関のタイルのような物をつかっていると以前言いましたが

このタイルは油で磨くとかなりいい色になるらしいのです。

 

さらに、実は左官屋さんからの提案で、

タイルの周りの壁のところに墨汁を加えた”墨モルタル”を塗っていました。

写真だとくすんだグレーをしている部分です。

 

この墨モルタル、ぼく自身初めて扱う素材なので塗ってしばらくしてから

” 後悔 ” した部分がありました。

塗ってから2,3日は真っ黒で上質な感じがしたんです。

僕の中ではずっとこのまま真っ黒なんだろうなと思ったんですが

清掃業者が入った次の日の朝見たらグレーに変わっていたのです。

 

最初見た時は、「アレ?掃除で色落ちした?」と思いました。

で、左官屋さんに聞いたら

あれが通常で、油を塗ると変わる、サラダ油でも良いよ

といっていました。

どう見てもグレーなんだけど、そんなに変わるの?と

半信半疑で油を試しに塗ってみたんです。

 

 

写真 2016-01-22 15 39 18

スゴイ!!!

凄く黒くなる!!

どうしたの?ってくらい黒い

洗濯洗剤のCMで驚きの白さなんて言ってますが、驚きの黒さです!

 

写真 2016-01-22 15 39 23

その差は歴然です。

後悔していた部分が、今では大満足です。

 

というわけで、玄関のタイル、モルタル土間も油を塗って

真っ黒に磨き上げています。

 

明日からの2日間 30日(土) 31日(日)

2月の6日(土) 7日(日)

オープンハウスをやっていますので

ぜひ見に来てください。

場所はコチラ

 

では、また~

ナンテン

ホームアドバイザーの岩城です。

 

家の庭にナンテンの木を植えています。

「難を転ずる」と言われることから、庭に植えてらっしゃる方が多い木です。

この時期ナンテンは赤い実をたくさんつけるのですが、その赤い実を食べにヒヨドリがよく庭に来るようになりました。

ものすごく警戒心が強い鳥なので、少しでも人の気配を感じると逃げていきます。

 

子供達と息をひそめて見るのが日課になっています。

冬は食べ物が少ないので、たくさん食べていってほしいです。

 

と思っていたら

 

148

 

 

 

 

 

 

 

遠慮なく全部食べていきました。

大寒波襲来

お客様サポート課の山岸です。

数十年に一度ともいえる強い寒波がやってきました。

でも、負けませんよ。!(^^)!

全国ニュースになった長岡見附方面のお客様のトイレの修繕工事に行ってきました。

前日からの除雪がまだ間に合っていない道路で、通常1時間もあれば着いてしまうとこ大渋滞の中、3時間以上かけて到着。

P1170220

 

 

 

 

 

 

 

立ち往生しているトレーラーを横目にガタガタ、ツルツル、ゴトゴト。。。

ここは軽自動車四駆の力の見せ所です。

小回りは効くし狭い道路でのすれ違いもへっちゃら。(^_^)v

13万キロ以上を走っている老体?にムチ打って帰ってきました。

 

今回の寒波でエコキュートの室外機や給湯器の不具合が、何件もありました。

P1170206 P1170207

 

 

 

 

 

 

 

急な降雪と低温で凍結したのが主な原因でした。

天気予報に注意して、室外にある機器の管理をお願いします。

今週末

柏崎本店 棚岡です。

 

いやー 昨日、今日とすごい雪でしたね。

朝から、国道は全く動かず・・・超大変。

 

でも、

 

明日からは天気も回復するみたい。

週末には雪も消えてくれないかなー・・・

 

そう今週末には

松美建売オープンハウス

img-125163502-0001

 

 

 

 

 

 


えんま堂分譲住宅販売会

img-125163517-0001

 

 

 

 

 

 

を開催しちゃいます。

皆様のご来場お待ちしております。

設計士、家を建てる その㉗

こんにちは設計の鈴木です

 

前回は照明の話をしました。

現場は、もうあんまり動いていないので

お話できることも少なくなって参りました。

 

今回はトイレ周りの話をします。

 

よくお施主様が、お家に取り付けて欲しい!と言って

持ってこられるものが、照明・トイレットペーパーホルダー・タオル掛けです。

 

照明は前回お話しした通り、わが家は全部僕が支給しました。

タオル掛けは、選んだものとセットになっているので不要です。

で、トイレットペーパーホルダーは、といいますと

支給しました。

そして、取付もしました。

 

選んだのはコチラ

 

写真 2015-12-20 13 28 02 写真 2015-12-20 13 31 21

アイアンの 黒いの と 白いの です。

このペーパーホルダーは、カウンターの下に取付けるタイプのものです。

現場では大工さんにカウンターをセットしてもらえば良かったんですが

全部自分でやろう!ということで、カウンターの取付けも一緒に考えました。

 

というわけで購入したのがコチラの

写真 2015-12-19 10 09 21

アイアンのブラケット金物

カウンターを支えるものですが

丁度良いサイズで、強度がある物が、このラフなザビザビ仕上げのものしか

ありませんでした

 

というわけでザビを落とします。

写真 2015-12-19 10 12 45

コンパウンドで磨きまして

 

写真 2015-12-19 10 27 49

こんな感じです。

 

あとはペーパーボルダーに合わせて塗装します。

写真 2015-12-20 13 28 10 写真 2015-12-20 13 31 17

はい、白と黒になりました。

これらをカウンター材と組み合わせると

写真 2015-12-20 13 49 18 写真 2015-12-20 13 42 04

 

 

 

 

こんな感じ

まだなんだかわかりませんが、

 

これを壁に取り付けると・・・

 

 

 

写真 2015-12-21 7 40 13 写真 2015-12-20 14 13 56

 

ジャジャジャジャーン!!

 

できました~

これでトイレットペーパーホルダー完成です。

予備のトイレットペーパーをストック出来る2連のものにしました。

 

写真 2016-01-13 22 43 38

それにプラスして

トイレのライニング(給水管が入る部分)にトイレットペーパーとか

掃除ブラシとかを入れるを付けました。

これだけで収納量が大幅に増えます。

見えるのがイヤであれば、後付けで扉も付けられる設計になっています。

 

というわけでトイレ周りの改造は完了しました!

 

今現場は、僕と奥さんで掃除&床の塗装をしていたりします。

オープンハウスも近いので大忙しといったところですね~

 

というわけでオープンハウスをお楽しみに!

ではまた~

今年も活躍

お客様サポート課の山岸です。

今年もこの乾燥の季節がやってきました。

暖冬少雪のおかげでそれほど暖房しない=加湿しなくてもいい年ですが、去年活躍したエコ加湿機を今年も出しました。

P1170193

 

 

 

 

 

 

 

巨大なトレイなので水コップ3杯は、軽く入っちゃう。

ここ数年電気代がたいへん気になっているので、とても重宝しています。

電力小売の全面自由化を4月に控え、各社料金プランが出始めました。

導入されている住宅設備機器や生活スタイルの違いで選択によっては、電気代に差が出そうです。

さて、どこの電気を選ぼうか。。。

なんだコレ?

お客様サポート課の山岸です。

なにげに自宅の天井を見ていたら、シミのような、カビのような、汚れのような。。。

P1170080

 

 

 

 

 

 

これは一体何だ!(写真わかりますか?)

シミやカビだったら嫌だなぁ。

とりあえずいつものクリーナーでやっても落ちない!

手っ取り早く適当に家にあった漂白剤?みたいなものでやってみたら、簡単に落ちた(消えた)ので一安心。

その後、また出てこないか心配ですが、一体何だったでしょう?要経過観察必要です。

アジフライ

ホームアドバイザーの岩城です。

 

今が旬ではありませんが、スーパーでアジを買ってきました。

アジフライか塩焼きか迷いましたが、今回はアジフライにすることにしました。

 

 

IMG_2974

 

 

 

 

 

 

 

開いて、骨を取って、卵やパン粉を付けて揚げていきます。

完成写真撮り忘れました。(食べた後に気付く・・・)

おいしくいただきました。

設計士、家を建てる その㉖

こんにちは設計の鈴木です

 

前回はタイルの話をしました。

今回は照明の話をします。

 

ほんの数年前までは照明は蛍光灯が主流でした。

照明カタログのほとんどが、蛍光灯でLED照明は高級照明器具みたいな

感じでほんの数ページしかありませんでした。

 

最近は時代の流れなのかLED照明が主流になっていて

逆に蛍光灯が数ページしかない状態になっています。

 

最近、政府が案として出したのがLED照明以外の製造・流通を全面禁止

するという大胆な案でしたが、難しいんじゃないかな?と僕は思います。

 

それはさておき、僕の家も多分に漏れずLED照明がほとんどです。

 

当社標準の照明器具は、” コイズミ ”というメーカーのものを使っています。

気に入ったものが無ければ オーデリック や 東芝ライテック  からも選べますし

施主様がインターネットや、雑貨店から購入したものも取り付けることができます。

なので自由度はかなり高いと思います。

 

写真 2015-12-18 14 19 45

わが家の場合は、コイズミを主体として、普段使った事のないメーカーの

照明を使いました。

 

 スポットライトが綺麗な 大光電機 や

写真 2016-01-13 9 40 22 写真 2016-01-13 9 40 40

 

工業デザイン系の照明を安価に手掛ける 笠松電機 などです。

写真 2015-12-15 8 11 29 IMG_7517

 

どれもわが家のデザインに合わせて、

無駄のないシンプルで飽きのこないデザインを採用しました。

 

今回、照明に合う電球も探しました。

基本的にはLED電球のよくある物を使っているんですが、

昔ながらの白熱球みたいに見せたい場面があるんです。

そこのために良い電球を発見しました。

それがコチラ

写真 2015-12-19 11 46 29

ぱっと見LED電球には見えないんですが、

なんとソケット部分にチップが内蔵されていて

しっかりLED電球なのです。

点けるとこんな感じで

写真 2015-12-19 11 47 24

LED特有の強力な光を放っています。

電球一つも選ぶと奥が深いんですね。

 

照明と言えばスイッチもあります。

照明のスイッチは当社はpanasonicのスイッチを標準として使っていますが、

mono41034113-130527-02

 

世の中には沢山のスイッチがありまして、

例えば、真っ白いお家 blancheで使っている

アメリカンスイッチですとか

IMGP4044

 

変わり種だと 工業デザイン系で トグルスイッチですとか

c45c196cfef5b2d106b0d5ee6e4a591c-437x288

各メーカーによっていろいろあります。

 

今回、わが家が採用したスイッチは

神保電器NKシリーズを採用しました。

写真 2015-12-16 8 07 31 写真 2015-12-16 8 08 31

グッドデザイン賞を受賞したスイッチで何と言ってもシンプルさが抜群です。

色もホワイト・グレー・ブラックの3色があるので

インテリアの一部として大いに活用しました

 

あと 喜多町モデル blancheのときもやったんですが、

スイッチプレートを僕の方で用意させてもらって取付けました。

 

今回は壁の合板に合わせて木製のスイッチプレートを採用しました。

写真 2015-12-24 19 51 18

中々アクセントになって良い感じです。

 

とまぁこんな感じで

「 神は細部に宿る 」(ミース・ファン・デル・ローエ)

なんて言葉もありますが照明にもコダワリを入れています。

 

というわけで、前回もチラっと言いましたが

 鈴木邸チラシ

1月 30(土)・31(日)

2月 6(土)・7(日)

 に完成見学会が予定されています。

 

上のチラシも僕が作りました!

心血を注いで完成したわが家です。

ぜひぜひ、遊びに来てみてください。

 

場所はおいおい出ると思います。

ではまた~

「あっ」と言う間?

柏崎本店 棚岡です。

 

「あっ」と言う間に?

IMG_2950

 

 

 

 

 

 


集まっちゃいました。

 

早速応募!

 

早く来ないかなーー。

スノーキャンドル

お客様サポート課の山岸です。

今年も年越しにスノーキャンドル作りました。

P1060022

 

 

 

 

 

 

 

バケツに雪を入れてひっくり返し、横穴を掘って作るかまくら型です。

超簡単!お手軽。なんですが、今年は、暖冬少雪で無い雪をかき集めて、一苦労(+_+)

個人的には、雪の降るところには、冬は冬らしく降って欲しいかな。。。

設計士、家を建てる その㉕

こんにちは設計の鈴木です

 

あけましておめでとうございます。

みなさんはどんなお正月を過ごされているでしょうか?

 

僕は、のんびり過ごしています。

 

前回はベランダの話をしました。

今回はタイルの話をします。

 

わが家でタイルを使うのは2箇所

 

ポーチ・玄関の床 と キッチンの壁 です。

 

まず、ポーチ・玄関の床ですが、

使うタイルは、当社で通常使うものとは全く異なるものです。

 

以前、京都・奈良に旅行した話をしました。

そこで触れたような、触れないような、

丁度、家のデザインで悩んでいた時に

お寺の床に僕が釘付けになったんです。

 IMG_7496

お寺の床にもいろいろあるんですが、法隆寺の回廊の床が

見たことのないタイルが張られていました。

まるで瓦のようなタイルで、

通常の壁に対して平行に目地を入れる方法ではなく、

45度傾けて目地が入っている四半目地という方法で敷いてありました。

これに魅せられた僕は、玄関にそれを採用しました。

 

似たタイルを探すのに苦労しました、なんせこのタイルは

値段が張るのです。

予想通り、と同じ作り方をしているこのタイルは

お寺料亭などの和風の空間に使われることが多いようですが

 

張り上げるとこんな感じ!

写真 2015-12-18 14 21 49

スゴイ!! 高級感がスゴイ!

 

瓦っぽい色もあったんですが、黒いものを選定しました。

左官屋さん曰く、油で磨くと更にいいとのこと

これからが楽しみです。

 

そして、キッチンの壁です。

キッチンの壁は、普通はキッチンパネルという油汚れにつよい物を使います。

 

わが家のキッチンはリビングの一部なので

見た目重視でタイルを選択しました。

でもタイルは目地があり、その部分が汚れやすいのです。

というわけで、汚れにくい目地材を探しました。

リクシルさんのスーパークリーンです。

 kitchen

キッチンパネルには劣るんでしょうが、防汚性は向上しているはずです。

 

 2014.8.19_1

タイルはサブウェイタイルという海外の地下鉄の壁に使われている

最近、よくインテイリア雑誌とかで紹介されているものを採用しました。

 

 写真 2016-01-01 16 22 04

白いタイルとグレーの目地がマッチしていい感じです。

 

以上がわが家のタイルです。

 

というわけで、一応ほとんど完成しまして

1月の末に内覧会があるらしいです。

 

自慢のわが家

気になってる人は見に来てね!!!

 

ではまた~