スタッフブログblog

鳥の巣

リフォーム課岩城です。

 

毎日、家の庭にすずめがくるので、巣箱を作ろうと思いました。

まずはすずめがどういう巣に住んでいるか調べるために図書館に行くと、鳥の巣に関する本がありました。借りてきたのが、鈴木まもるさんが書いた本です。

 

「鳥の巣の本」

この本では沢山の鳥の巣が紹介されています。

木や地面に穴を掘って巣にする鳥。土を固めて作る鳥。木の上に枝等を集めて作る鳥等たくさんのいろんな形の巣が、丁寧に描かれています。

 

夫婦一緒に巣作り、子育てする鳥もいれば、母鳥だけで巣作り子育てする鳥種類によって全く違うようです。そういったことをこの本では、わかりやすく紹介されています。

 

すずめはツバメと違って、人間との距離をとりたいようなので住んでくれるかわかりませんが、作ってみようと思います。

 

 

 

 

お墓にも

お客様サポート課の山岸です。

お盆を前にお墓のシーリングの打ち替えをやってみます。

シーリングは、数年で劣化・隙間・亀裂が発生します。

放置しておくと、そこから漏水が始まります。

(お住まいの外壁と同じです)

まずは、古いシーリングを撤去することから始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撤去中、墓石自体の汚れが気になり、このまま打ち替えることができなく。。。

新しいシーリングを打つ前に墓石のクリーニングをすることにしました。

市販の墓石専用クリーナでも良いのですが、ここは裏技を。

見る見るウチに汚れが簡単に落ちていきます。

 

before

 

 

 

 

 

 

 

 

after

 

 

 

 

 

 

 

 

before

 

 

 

 

 

 

 

 

after

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にシーリングを打って完了!

輝き&透明感

お客様サポート課の山岸です。

職業柄、住まいのメンテナンスや掃除、使いやすさや暮らしの工夫等を中心に物事を考えてしまいます。

先日、お風呂の鏡のウロコ汚れを磨いて、いたら。。。

最近、気になっていた、車のヘッドライトの曇りを思い出しました。


放置しておけば、段々黄ばんで、かなりみっともない。

ここは早めにメンテナンス。

カーショップへに、ヘッドライト専用のケミカル用品があります。

コーティング材の添付されている「チョットお高い品」(笑)

を試してみます。


さすが値段相応?

新車時のような「輝き&透明感」が簡単に復活しました。

before

 

 

 

 

 

 

 

after

 

 

 

 

えちゴン

リフォーム事業部 棚岡です。


子:「お父さん、知ってる?」
私:「なに、何の話?」


子:「新潟キャラクター総選挙2017の中間発表があったんだって。」
私:「それで?」


子:「何が一位だと思う?」
私:「うーん? レルヒさんか?」


子:「ちがう。」
私:「リバサイ君か?」
子:「それも違う。」


私:「トッキッキ?」
子:「古い!」


私:「もしかして・・・」
子:「そう、えちゴンなんだって!」


私:「まじか、お父さんの友達だぞ(笑)」


 

平成25年9月7日 撮影

(不動産フェア―にて、友達の証)

 

 

 

 

 


でした。

設計士家を建てる その52

こんにちは設計の鈴木です

 

梅雨だと思いきや毎日暑いですね。

暑さでバテ気味ですけど

なんとか書斎を終わらせようと頑張っていますが、

今回は別の作業をしています。

 

わが家のトイレ

 

 

トイレットペーパーホルダーを自分で取り付けたんですね。

1年前くらいにブログに書きました。

1年使ってみて

上に付いているカウンターがもっと長いと

使いやすい気がしました。

 

長ければ、肘掛け になるし

立ち上がる時の 手摺 の代わりにもなります。

というわけで

カウンターを交換しました。

 

元々、カウンターの材質が壁の合板とマッチしていないのも

気になっていたので、合板をカットしてカウンターにしました。

 

じゃーん

カウンターは元の幅のまま長くすると

便器周辺が狭くなるので、2センチ程幅を小さくしました。

 

全体だとこんな感じです。

 

木目、質感がまとまって良くなりました。

上記のように肘掛けにもなっていい感じです。

 

1階のトイレも同じくカウンターを交換しました。

 

使いやすくなって、奥さんにも好評です。

 

汗だくになって交換した甲斐がありました。

ではまた~

今週の日曜日みんなの防災フェアに参加

こんにちは、建築事業部営業課の石上です。

みなさんどんどん気温が上がってきている日が続いていますが

体調を崩されたりしていませんか。

ところで今週の日曜日に柏崎市文化会館アルフォーレ『マルチホール』と

駅前公園でみんなの防災フェアを開催します。

サブタイトルとして中越沖地震10周年復興記念事業です。

TeNYテレビ新潟が共催になります。

時間は10:00~16:00になります。

実際には、はたらく車ブース(間違いなくお子様大好き)

飲食ブース、防災ブース、協賛ブース、特設ステージ

などなどご家族連れで楽しめて学べる催しになっています。

建築関係では当社だけなのですが、参加しています。

私も協賛ブースに一日いますので皆さん是非お越しの際は声をかけて

下さいね。

それではまた

避難指示

お客様サポート課の山岸です。

朝の目覚まし時計より先にけたたましく、エリアメールがきました。

大雨のため河川が氾濫する恐れがあり「避難指示」。

川の近くにお住まいの人は、この時期ピリピリ。

すぐ近くの川へ見に行ってきました。

いつもは、中州?があり水量の少ない川が、幅いっぱいまで広がって枝やゴミなども流れています。

ご近所さんも心配して、入れ替わり立ち替わり様子を見に来ています。

最近、河川改修したばかりなので、ココは心配なさそうです。

でも、この上流が危ないようで「避難指示」。

 

 

 

 

 

 

 

慌てず、ひとまず家族を避難所へ、学校へ。

落ち着いてから会社に出勤(避難)です。

途中で冠水している道路に遭遇。

 

 

 

 

 

 

 

自然の力は、恐ろしい!


わが家の床下には、大事な物(設備)がいっぱいあります。

もし、床下浸水でもしたら大損害です。

そうならないよう、災害対策を常日頃から考えておきましょう。


ホーメックスの家は、地震に強い家。

停電対策はバッチリ。風雪対策もOK。

実は、完璧ではないが水害対策にも秘策を用意してあります。

でも、出来れば使いたくはないです。(-_-;)

トイカメラ②

リフォーム課岩城です。

 

ダイアナミニというトイカメラで27枚撮影やっとできたので、写真現像してきました。

 

成功した写真は温かみのある写真になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重ね撮りした写真も思っていた感じになりました。

 

子供達に「動くなよ」といいながら撮りましたが、9割ぶれてしまいました。

 

今度は、建物や植物等の動かないものを撮影しようと思います。

設計士家を建てる その51

こんにちは設計の鈴木です

 

朝は凄まじい雨でしたね

一時はどうなるかと思いました

被害が無ければ幸いです。

 

さて、わたくしの書斎の工事がようやく進みまして

カウンターの下地を今まで作っていたんですが

いよいよカウンターの板を取り付けます。

 

カウンターの材料は、僕はまたまたコダワリまして

” 構造用合板 ” を使う事にしました。

木目の感じが僕は好きなんです。

 

ところが、世の中に流通している構造用合板は

長さ2メートル以上になると 厚さが12ミリ以下のものしかありません。

僕の書斎のカウンターにするには

長さが2.6メートル以上 で厚みは 20ミリ以上 は必要です。

 

というわけで、材料が無い

 

しょうがない、ならば作りましょう。

 

ついでに3.6メートルの長ーい棚板も欲しいので一緒に作ります。

 

長さ2.7メートル 厚さ12ミリ の構造用合板を2枚用意しました。

加えて同じく厚さ12ミリの棚板の材料です。

 

これらを大胆に

 

木工用ボンドで接着します。

工作とかで使うアレです。

大工さんも使ってます。

 

接着剤には制限時間があるので

手早く全体に、まんべんなく木工用ボンドを塗って

貼り合わせます。

 

貼り合わせたら、動かないように

クランプでギュッと固定して

 

浮いてこないように 釘 を打ちます。

 

当然、完成時に裏になる面に釘を打つんですが

念のため見えないように隠し釘で固定します。

 

打った後にピンクの部分を横から叩くと、釘が目立たなくなるスグレモノです。

 

さらに24時間は圧着しないといけないので

倉庫にあったタイルで重しをして固定します。

 

 

24時間経ったらバッチリくっついています。

断面で見ると綺麗にくっついています。

 

これで材料が完成しました。

カウンターの板 長さ2.7メートル 厚さ24ミリの構造用合板 と

長い棚板     長さ3.6メートル 厚さ24ミリの構造用合板 です。

 

完成したカウンターの板は早速加工します。

必要なサイズにカットして

サンダーで磨きます。

ワンポイントで、あえて印字を残したりして。

 

これを、前に作った下地部分に載せて、裏から固定すれば

 

カウンターの完成です!

 

大物だったので、かなり大変でしたが

出来たら苦労もぶっ飛びますね!

 

DIYっていいですね!

 

 

ではまた~

7月

リフォーム事業部 棚岡です。


今日から7月。
早いです。
今年のちょうど折り返し地点です。

 

そんな中、我が家のアサガオは夏に向けて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


少しずつ、成長しています。

地震から10年ですね。

こんにちは、建築事業部営業課の石上です。

今日で6月も終わり明日から7月ですね。

外の天気もやっと梅雨らしくなってきたかなと

ひとまずほっとしているこのごろです。

なかにはこの雨、嫌だなと思われている方もいらっしゃるでしょうね。

 

ところであすから7月に入りますが、今年で中越沖地震から

早いもので10年たったんですね。

それで今年の7月16日に普段は毎年長岡市のハイブ長岡で行われていた

防災フェアを柏崎市のアルフォーレで開催します。

建築関係では当社だけですが参加します。

当日はホーメックスのブースにいますので、どんがら祭りのついでにでも

良かったら声をかけてくださいね。

お子さん連れで結構楽しめて為にもなるイベントですよ。

お持ちしてますね。

それではまた

J1 アルビレックス

リフォーム課岩城です。

 

J1 アルビレックス新潟が現在、第16節終了時点で、2勝 2敗 12分 [勝ち点8]で最下位になっています。

 

第17節(全34節) 平成29年7月1日 HOME  ジュビロ磐田(7位)戦は、次節の浦和(9位)、東京(8位)、横浜(5位)、川崎(6位)と厳しい相手が続いていく新潟にとっては、負けられない試合です。

 

磐田は、J2から昇格したシーズンで7位。大健闘しているチームで、チームの雰囲気もすごくいいです。ベテランと若手が上手くかみ合っています。

攻撃のパターンが少なく、決定力の低い新潟にとっては、先制点をとられたら試合終了となる可能性があるので、75分位までとにかく0点に押さえてもらいたいです。

 

そして、山崎選手を投入して1-0の勝利!!!!

そうなれば嬉しいのですが・・・・・・