FUJIROCK FESTIVAL 2017

2017年08月02日

こんにちは設計の鈴木です

 

今年も、新潟県は苗場スキー場で開催されたFUJIROCK FESTIVAL(以下フジロック)へ行ってきました。

フジロックは今年で21回目の開催

苗場スキー場で開催されるようになってから19回目になります。

 

何で苗場なのにフジロックなのかと思う方は

フジロックの歴史について調べて下さいね。

熱い、暑い歴史があります。

 

 

今年も前夜祭から4泊5日で行ってきまして

フジロックらしく天気にも恵まれて

土砂降り小雨小雨 

久しぶりの雨のフジロックで楽しい3日間でした

雨と照明で虹が発生していました。

 

今年のトリを勤めたアーティストは

1日目 ゴリラズ(イギリス)

2日目 エイフェックス・ツイン(イギリス)

3日目 ビョーク(アイスランド)

 

となかなか豪華な顔ぶれでしたが

ビョーク以外は他のアーティストを見ていて見れませんでした。

カラダが2つあれば見たかったんですがね。

 

去年プリンスの遺体があった場所に、僕をロックに目覚めさせた男

ロックンロールの始祖チェック・ベリーが亡くなっていました。

ご冥福を祈ります。

 

個人的に、ベストだと感じたアーティストは

 

1日目 クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ(アメリカ)

2日目 LCDサウンドシステム(アメリカ)

3日目 ロード(ニュージーランド)

    ザ・ストライプス(イギリス)

 

といった感じ

今年は観たアーティストでハズレがいない、良い年だったと思います。

 

今年は行く前に、夏バテ気味で、肉体的にも精神的にも消耗しきった状態だったので

楽しく過ごせてエネルギーをチャージする事が出来ました。

 

 

来年どうなるかわかりませんが、また行けたらいいなと思います。

 

ではまた~