スタッフブログblog

設計士家を建てる その68

こんにちは

設計の鈴木です。

 

書斎に採用してよかったの便利機能を少し紹介します。

 

書斎の壁は、吸音効果を狙って

有孔ボードを使っています。

壁に穴が空いていますよね?

この奥に吸音材が入っていて、吸音効果があります。

 

この有孔ボードは、最近 ” ペグボード “と呼ばれていて

 

専用のフックやダボを差し込んで

いろんなものを取り付けることができるんです。

ペグボードの一例

 

というわけで、フックを用意していろいろ引っ掛けてみました。

 

僕は楽器で遊ぶので

壁にハンガーをフックで引っ掛けて

 

楽器屋さんみたいに

ギター、ベースを引っ掛けて見ました。

カッコいい!

 

さらに、本用のフックを付けて

 

本を置いてみました。

まるで本屋さんですね!

 

という感じで

この有孔ボードには吸音以外にもこんな機能があるんですよ。

 

次は何を飾りましょうかね~

ではまた~