スタッフブログblog

不具合の原因を探す

メンテナンス担当の山岸です。


10年使用したキッチンの混合水栓。

お客様によると操作レバーが外れるようになったので見てほしいとのこと。

少し前、水栓先端から水漏れがおきたので息子さんがカートリッジを交換したとのこと。

電話の内容からすると「あぁ、固定ビスがゆるんだかな?」と想定。

訪問してビスを締めても外れてしまいます。

 

 

 

 

なぜ?・・・

 

 

 


水栓ごと「全部交換すると高額になるかなぁ」と心配するお客様をよそに

しばらく思案し、よーく見ると破損している箇所を発見!

破損した部分や破損前の形を知っていれば、すぐにわかりますが、そうでない場合は、少し大変です。

でも、その不具合の原因がわかった時ってホント嬉しい!

これって職業病みたいになっているかも(笑)

水栓全体を交換しなくて、操作レバーだけの交換で済みました。(^_^)v

 

不具合がおきた時には、その内容にもよりますが、だいたい下記の流れになります。

①お客様より状況を細かく聞き取ります。
②型番などを調べます。(メーカーに確認する場合もあり)
③部品図面などを入手します。
④取扱説明書・施工説明書を入手します。
⑤考えられる原因や対応策などを想定します。(メーカーに確認する場合もあり)
⑥現地に伺い、状況を確認します。
⑦写真を撮らせてもらいます。
⑧なぜそうなったか原因を探します。(メーカーに確認する場合もあり)
⑨対応策や修繕方法をご提案します。

そうなんです、結構大変なんです!

不具合の対応には「場数」(経験数)が大事です。

毎日が勉強です。(^^ゞ

 


※※※ 現在、全棟点検実施中! ※※※
ホーメックスは、30年間の無料点検をしています。
お住まいのアフターメンテナンスもお任せください。