スタッフブログblog

忘れない

お客様サポート課の山岸です。

お客様のお宅を点検に伺っては、お住まいのお手入れの仕方なども合わせて説明させていただいております。

お客様には、給気口のフィルターを「1年に1回でも良いので、お手入れお願いします!」と伝えているのに自分の家のフィルターは。。。?

それも恥ずかしいので、開けてみました。前回は確か2~3年前ぐらいだったか?(-_-;)

 

 

 

 

 

 


やっぱり。

 

 

 

 

 

 

 

水洗いだけで簡単に落ちる汚れ。
チョットした手間だけなので、忘れずに実行する方法はないのか?

大掃除の時が一番良いのかなぁ。

Maman Siesta(ママンシエスタ)見てきました。

こんにちは、建築事業部営業課の石上です。

先日金沢市にあるヤマダタッケンさんが建築したママンシエスタの第一号

を見学してきました。

また、それに付随しての勉強会にも参加しました。


 

 

 

 

 

 

こんな感じでの勉強会です。

今回は全国から40名参加してました。


 

 

 

 

 

 

シエスタの外観です。

 


 

 

 

 

 

 

皆さん担当の方に質問攻めでした。

 


 

 

 

 

 

 

これがシエスタスペースの一部です。

 

当社も10月中旬頃にはこのママンシエスタのモデルが完成します。

もう少しですので、あと少しお待ちくださいね。

それではまた

 

本当に大丈夫?

お客様サポート課の山岸です。

TVを見ていたら「トイレ内の音がリビングに丸聞こえ」で悩んでいる方からの投稿番組をやってました。

扉の隙間から音が漏れるので、遮音効果のある気密性の高いドアに交換してました。

さらに扉の下にパッキンを取り付けてました。


でも、チョット待ってください。

本当にそれ、やって良いリフォームですか?


扉の下の隙間って、意味がある場合があります。

もし、換気方式が第三種換気なら注意が必要って知ってますか?

この第三種換気は、居室などに自然給気口を、トイレなどに排気扇を取り付けて、各部屋の扉などを換気ルートとする方式。

そう、トイレの換気扇って、扉の隙間から住戸内の空気を引っ張っている場合があるんです。(あくまでも推測)

なので、そこを気密性の高い扉で塞ぐとどうなるか?

住戸内の換気不良がおきて、空気環境が悪くなり結露やカビ、匂いがこもるなど大変な事態に。


そんな場合、私がお勧めするリフォームは、「トイレ用の音配慮ドアに交換する」です。

1年半前に工事した実際の写真はこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉の特徴をあげてみます。

①換気用のガラリ(スリット)があります。
 (でもこれが普通のガラリではありません。)

②扉が重いので丁番が3個
 扉内に吸音材を入れてあるので、重いため丁番を強化してある。

③扉の下に
 写真では見えないが、締めた時だけ扉の下からパッキンが下がります。

その他、設計上の工夫を2つ行って、効果はバッチリ。

 

安易なリフォームは、危険がいっぱい。

良い家を建てても、間違ったリフォームで台無しに。

やはり「プロ(リフォームの達人)」に相談する方が良いかも?

お盆休みも終わりましたね。

こんにちは、建築事業部営業課の石上です。

みなさんお盆休みはいかがお過ごしでしたか?

なかには休みなくお仕事という方もいらっしゃったのでは。

私も休みはあったのですがかなりハードなお盆休みを過ごさせていただきました。

 

話は変わりますが、当社で造成した春日公園前の場所にAyu-m Mamanの家の

プレミアム版でシエスタというモデルを現在建築中です。

10月中旬頃のオープンを目指していますので、もうしばらくお待ちくださいね。

また、さまざまなイベントの企画をしていますので、随時ご連絡させていただきます。

ご自分が興味を持たれたものがあればぜひ参加お待ちしていますね。

それではまた

和室の変化

お客様サポート課の山岸です。

室内建具の建付調整に伺った時にお客様から伺った話。

「和室(仏間)に遺影を飾りたいが、どのようにしたら良いか?」

との事。


和室と言えば、昔は長押がありました。

その長押に専用の金具で額を固定していました。

でも、最近は大壁和室が多くなり長押の無い和室がほとんど。


ここはピクチャーレールの出番かな?和室だが。。。

お試しで自宅に付けてみました。

暑い中お疲れ様でした。

こんにちは、建築事業部営業課の石上です。

ようやく新潟県も梅雨が明けていよいよ夏本番ですね。

そんなおり、先日お客様の家の壁塗りを一緒に行いました。

と言ってもお子さんの部屋2部屋分のそれぞれ一面を紙クロス仕上げに

しておいてその上からF&Bという塗料を塗る作業でした。

実際はこんな感じです。


 

 

 

 

 

 

白い紙クロスの上にちゃんと養生をしたところで塗り始めます。


 

 

 

 

 

 

最初は恐る恐るだったんですけど、慣れてくると結構楽しくなってこられた

みたいで、親子仲良く一回目の塗りが終わりました。

昼食をはさんで二度塗り開始です。

もう慣れたものでまたたく間に仕上がりました。


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

この子が大きくなった時自分で塗った証拠写真です。

かなり満足していただいているようでした。

この日はまだ梅雨も明けてなく、本当に暑くみんな汗だくでの

作業でした。

本当にお疲れ様でした。

こんな体験してみたい方はご連絡お待ちしてますね。

それではまた