スタッフブログblog

信濃川大河津資料館

リフォーム課岩城です。

燕市に信濃川大河津資料館があります。この資料館は、明治9年に開始された信濃川河身改修工事から100年を記念して、昭和53年に開館しました。

資料館では、大河津分水の歴史や役割をわかりやすく学べます。

工事のきっかけとなった水害の様子も電動紙芝居で再現してくれたり、実際工事で使っていたトロッコも展示してあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ寒いのでいきませんでしたが、近くには、大河津分水公園があります。桜で有名な公園です。

 

信濃川にいる魚を観察できる魚道観察室や子供が水で遊べる体験水路というスペースもあるそうです。暖かくなったら行きたいと思います。

異業種のセミナーが長岡店で行われました

こんにちは、建築事業部営業課の石上です。

2月26日(日)に長岡店で異業種のセミナーを開催しました。

当初は10人くらいとのことだったのですが、参加希望者が予想以上に

増えたらしく30人と言われて、その後何人かお断りをしたとのことで

25人に収まりました。

こんな感じでセミナースタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とかイスもぎりぎり間に合った状態でした。

いっぺんに長岡支店にこれだけの人が入室したのは私の記憶では

はじめての事だと思います。

セミナーの内容としては女性の為の心と身体というタイトルでした。

長岡店の今後のイベントとしては3月26日(日)に異業種コラボイベント

『はーとふあっと』が11:00~16:00予定です。

皆さんお揃いで遊びに来て下さいね。

それでは

頑張れ看板

お客様サポート課の山岸です。

毎回、現場の足場に掲げてある会社の看板。

約2ヶ月間、風雨にさらされ、過酷な現場から戻ってくるとこんな状態。

 

 

 

 

 

 

 

冬の晴れ間を見ながら丁寧に水洗いして、乾かして、大切に保管して、また使います。

 

 

 

 

 

 


まだまだ、もう2~3現場は頑張ってほしいです。

本屋に行って来ました。

こんにちは、建築事業部営業課の石上です。

先日休日が取れたので蔦屋に行ってきました。

本屋大賞ノミネート作品の棚が作成されていてお祭りのような

雰囲気をかもし出してましたね。

いつもは分野の違うものを2冊は最低購入するのですが

今回はみょうに気になる本があったのでその本を1冊だけ購入。

購入したのはこの本です。

 


 

 

 

 

 

 

自宅に戻り一日で読み終わってしまいました。

複雑な感じはするけど、飽きずに最後まで読み込める本です。

皆さんにもお勧めの一冊です。

蔦屋に入ってすぐ左側のランキング入りの棚の7位あたりに鎮座してました。

(今はもっと上位かも)

あとこの本を読むときは人によってつぼは違うかも知れませんが

他の人がまわりにいないところで読む事をお勧めします。

いきなりきますので

翌日に別のものを2冊買い足しました。

面白かったらまた報告しますね。

それではまた

 

 

 

 

 

 

 

コマ回し

リフォーム課岩城です。

 

夜寝る前に子供のコマがあったので、回してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにやりましたが、ちゃんと回りました。

やっぱり回ると嬉しいです。

 

 

床とコマが水平になるように投げると回しやすいそうです。

 

 

 

ルマンドアイス

リフォーム事業部 棚岡です。


「お父さん、出かけるの?」
「私、アイスが食べたい。」


との事で、こんなの見つけちゃいました。
これ、とっても美味しいです。

 

 

 

 

 


「ネットとかでも話題なんだって」との事。

 


知らなかったのは、俺だけだったのね。

冬の花火

リフォーム事業部 棚岡です。


先日の土曜日の夜、
子供と部活のシューズを買いに
長岡のゼビオへ。


「うぉ!」

 

 

 

 

 


冬空、小雨の中
大きな花火が・・・

 

 

 

 

 


ひとまず携帯で・・・
かなり間近で圧倒されるも、
写真では伝わりきれませんが、

 

 

 

 

 


冬の花火もいいもんですね。


家に帰って調べると・・・
長岡雪しか祭りの花火だったのね。

タイミング

お客様サポート課の山岸です。

最近、多くお問い合わせいただいている室内建具(引き戸)の戸車ですが、

10年前後で戸車の交換時期を迎えます。(使用頻度などにより変わります)

チリ・ホコリ、糸くずなど、お掃除を怠ると大変です。

戸車同様、レールもかなり消耗しています。

このタイミングで一緒に交換をお奨めします。


 

 

 

 

 

 

交換すると新築したばかりの時のような、なめらかな動きに大抵のお客様は驚かれます。

前回の野菜の続きです

こんにちは、建築事業部営業課の石上です。

前回輸入野菜の事を書きましたが、今回はもう一つ昔と変わってない

ものがあります。

今回は答えからお話ししますね。

それは輸入穀物一般です。

代表的なものでは大豆等々です。

一般的にサイロに入れてその中にリン化アルミニウムを使用して

燻蒸します。

野菜と違って燻蒸時間が長いのが特徴です。

また、コーヒー豆も燻蒸します。

これは臭化メチルが主に使用されていると思います。

これも野菜より時間が長いです。

まただいたい麻袋に入っている為その中まで浸透させる必要があります。

まあ市場に出回っているころには使用した薬は抜けきっているとは

思いますが、雑学として覚えておくのも悪くはないのでは・・・

ただ、これらを行っている現場はたんたんと当たり前のように

事を進めていますが、一歩間違えばとんでもない事になりかねないので

かなりの緊張感がただよっていますね。

いろいろ書きましたが、間違いないのは国産のものを口に入れているのが

良いと思います。

それではまた

 

 

最近スーパーの野菜が気になってます

こんにちは建築事業部営業課の石上です。

いまさらなんですが、わたし最近スーパーの野菜売り場が気になっています。

なにが気になっているのかと言いますと、ズバリ国産と外国産の違いです。

ブロッコリーとかアスパラなどが一番はっきりしていると思うのですが

あきらかに国産の物の方が値段が高いですよね。

時期によって違うのかもしれませんが、この時期倍近く違いますね。

ただ理由は国産より外国産の方が耕作面積も広くて人件費も安いからと

どこを調べても同じことを言ってます。

ちなみにわたしは値段が気になっているわけではないわけで、

大量に輸入された野菜が今はどのような経過をたどってお店に並ぶのか

それが気になっているわけです。

なので少し調べてみました。

と言っても今はネットで調べればすぐわかってしまうのですが・・・

結論から話しますと少なくて36年前とまったく変わらない経過をたどって

います。

ここでみなさんは植物検疫と言う言葉を耳にしたことはありますか?

これはわかりやすく話すと、外国から輸入した植物を税関を通す前に

植物防疫官という検査官が検査をします。

害虫(日本国内に天敵がいないもの)がいるとなったら(ほとんどいるという

ことになりますが)税関を通すまえに燻蒸を行って害虫を駆除しない限り

日本国内には入れる事は出来ません。

私36年前にこの仕事をしていたのでそれで気になっていたのですが

いまだに同じ事を行っているとはびっくりです。

いくら科学的根拠がないからといっても本当に輸入した作物を食べ続けて

大丈夫と国が認めているのか黙認しているのか・・・

選択するのは消費者自身になるわけで、口にいれるものはよく確認した上で

ぐらいがちょうど良いのではと思いますね。

ここまで読んできた方は何がだめなのと思われていると思います。

最後にお答えしますが輸入野菜や表面に毛のついている果物(キウイフルーツ等)

は税関を通る前に臭化メチルで植物検疫燻蒸を行います。

臭化メチルは毒物劇物にあたります。

目的は虫を殺すことでそのためには内部まで浸透させる必要があります。

つまり国内にその虫を食べる動物や虫がいない為、何が何でも水際で全滅

させたいが為の作業です。

そのあとそれを人間がどれだけ食べたら危険とか安全とか何も公表されては

いませんよね。

以上ちょっと不思議な話でした。

それではまた

 

 

出張してきました。

こんにちは設計の鈴木です

 

先日、東京へ出張をしてきました。

写真 2017-02-01 15 02 58

↑ 今回見つけたおもしろビル

渡り廊下と見せかけて、地震の時に揺れを吸収する

ダンパー装置が隣のビルと繋がています。

デカイし、スゴイ

 

はい、数日前に行ったばっかりですが

また東京です。

 

何をして来たかというと

雑貨の見本市、「東京ギフトショー」というのに行ってきました。

 

僕が設計する、真っ白い家 ” blanche “ とか ” mamanの家 “ とか

雑貨の似合う家に合うような、照明や飾り窓、家具なんかを

取り扱っているメーカーが出展して

 

僕らみたいな工務店や、雑貨屋さんなんかと取引をするための

出会いの場みたいなものです。

写真 2017-02-01 14 23 35

なかなか良い商品を扱っているメーカーさんが多数いたので

照明や、インテリアにコダワりたい方にはとても良い提案ができそうです。

 

写真 2017-02-01 12 33 53

僕は、インテリアコーディネーターでもありますので

もし、そういったご要望がありましたらぜひご相談ください

 

ではまた~

格闘1時間

お客様サポート課の山岸です。


建ててから10年のお客様へ定期点検に行きました。

引き戸の滑り具合が悪いとのことで確認したら・・・

P1220636

 

 

 

 

 

 

やはり・・・

 

戸車に糸くず、ホコリ、髪の毛などなど・・・

戸車の軸に絡んでしまったものは、なかなか取れません。

色々な物を使って格闘すること1時間。(^_^;)

P1220642

 

 

 

 

 

 

何とか2個は、スムーズに回転できるようになりました。

(通常は戸車の交換するのが一般的です)


こうなる前に床のお掃除はもちろん、下レールのお掃除は定期的に行いましょう。

特にペットを飼われているお宅は注意が必要です。

1 / 212